<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

多治見市モザイクタイルミュージアム

0

    今年6月に、隣の多治見市に開館したモザイクタイルミュージアム

     

    多治見市笠原町は、表面積が50平方センチ以下の小ぶりな「モザイクタイル」の生産日本一の町。

     

    粘土の「採土場」からイメージしたという外観。

     

    設計・デザインを手がけたのは、建築家で東大名誉教授の藤森照信氏。

     

     

     

    外観に付いて何かと言われてましたね。でも気になる!

     

    私もやっと昨日行って来ました。

     

    お天気は良いし、この外観もとても心地よい。

     

     

     

    表側はペラッとした平面。

     

    外側の輪郭線に沿って何やら芽吹いてる?

     

     

    道が建物の入り口に向かって下り気味でうねってて

     

    入り口は 大きな外観に似合わず家庭の引き戸1枚ほどのサイズ。

     

    本当にここが入り口なのか?と思います。

     

     

     

     

    外灯なのか呼び鈴なのか、入り口上の白いそれも可愛い。

     

    荒壁ふうの外壁に埋め込まれているのは。。。

     

    焼き物のカケラ。

     

     

     

     

     

    この木戸の向こうはどんなか外からではまるで分らない。

     

    思わず 「おじゃまします」と声をかけ引き戸を開けると。。。!

     

    後は皆さんお出かけになって、ご自分で確かめてみてはいかがですか?

     

    館内も建物そのものも面白いですよ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.12 Thursday
      • -
      • 17:29
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      藤山窯Twitter

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR